FC2ブログ

下関市熊野 医療法人新生会 いしだ歯科

山口県下関市熊野町にある歯医者さん。一般歯科、小児歯科、インプラント、ホワイトニング、口腔外科、予防歯科などの診療を行っております

カテゴリー "一般歯科" の記事

虫歯ができにくい環境を作る

虫歯ができて治療をした後、同じ口の中の環境であれば、
再度同じ場所に虫歯ができる可能性が高くなります。

また歯は削れば削るほど寿命が短くなるので、何度も虫歯を繰り返していくうちに
結果として、歯を失うことになりかねません。

口腔内を虫歯ができにくい環境にし、新たな虫歯ができないようにすることが大切になります。
wdq
スポンサーサイト



義歯洗浄剤を使ったほうがいい理由

義歯(入れ歯)の洗浄剤を使っていないかたも多いのではないでしょうか。
市販の義歯洗浄剤は義歯表面に付いている見えない細菌を殺菌してくれます。実は、義歯の洗浄剤を使わないと義歯や口の中に細菌が発生し、口臭や歯ぐきの痛みの原因になるのです。細菌は口だけでなく体にも悪い影響を及ぼします。
義歯には人工の歯の凸凹や細かい傷あり、ブラシで磨いただけでは細菌を完全に落とすことはできないのです。
そのため定期的に義歯洗浄剤を使って細菌が発生しないようにする必要があります。

口内炎による痛み

口内炎とは、歯ぐきや舌などの粘膜にできる、丸く白いアフタ性口内炎のことをいいます。
口内炎は触れると強い痛みを伴うために自分自身でも場所が特定でき、疲れやストレスによって体の抵抗力が下がった時にできやすくなります。
お口の中には多くの細菌がいて、抵抗力が下がった時に炎症が引き起こされると言われています。

多くの場合は1、2週間程度で自然に治りますが、痛みが強いために口内炎によって食事が取りにくかったり、気になってストレスとして感じる方もいます。口内炎の薬を塗ることで多くの場合は早期に改善しますので、お悩みの方はご相談ください。

フッ素入り歯磨き粉の効果

歯周病によって歯茎が下がると歯の根元にある象牙質が出てきます。
象牙質は歯の上の部分にあるエナメル質より柔らかく、虫歯になりやすい部分です。フッ素が入っていることによって虫歯になりやすい象牙質を強化することができます。

唾液の効果と働き

唾液には歯や歯茎を守る多くの成分が含まれています。

噛みごたえのあるものを食べること、よく話すこと、口の周りのトレーニングをすることなどで多くの唾液が出ます。
投薬などにより唾液の量が少なくなると、急に虫歯が増えることがあります。

唾液は歯や歯茎にとってとても重要なものといえます。