FC2ブログ

下関市熊野 医療法人新生会 いしだ歯科

山口県下関市熊野町にある歯医者さん。一般歯科、小児歯科、インプラント、ホワイトニング、口腔外科、予防歯科などの診療を行っております

2012年08月の記事

虫歯になりにくい歯を作る

実は、生まれたばかりの赤ちゃんのお口には虫歯菌(ミュータンス菌)はいません。
ただひとたび入り込むと虫歯菌は増え、虫歯の原因になります。そのため幼いうちから菌の侵入を防ぐことや菌の数を増やさないようにすることはとても重要になります。
虫歯菌の繁殖を抑えるのに有効な手段は歯みがき、そして虫歯になりにくい歯を作る「フッ素塗布」があります。
フッ素塗布の効果として、歯をミュータンス菌が出す「酸」から守るものがあります。
定期的な「フッ素塗布」によりお子さまの大切な歯を守りたいと思います。
fdsaa.jpg
スポンサーサイト



乳歯の虫歯の治療法について

年齢が低すぎて虫歯の治療ができない場合や恐怖心が強く動いてしまうお子様は歯を削ったりすると危ない場合もあります。
その時は濃度の濃いフッ素を定期的に塗って虫歯の進行を抑える方法を選択することができます。
虫歯はそのまま再石灰化し、治療をせずに済む場合もあれば、柔らかかった虫歯を硬くし定期的に観察していくこともあります。

いしだ歯科では、少しずつ練習をし、歯科治療に慣れ協力が得られる時期まで待ちます。
お子様ごとにあった適切な治療法を選択することこそ重要と考えます。