FC2ブログ

下関市熊野 医療法人新生会 いしだ歯科

山口県下関市熊野町にある歯医者さん。一般歯科、小児歯科、インプラント、ホワイトニング、口腔外科、予防歯科などの診療を行っております

2012年11月の記事

毎日の歯磨きを見直して虫歯予防

毎日の正しい歯磨きによって、虫歯予防にも歯周病予防にも効果が期待できます。
歯磨きは、細菌を取り除くだけでなく、歯ぐきの血流を良くするマッサージ効果もありますし、軽度の出血や歯茎の腫れといった程度の症状なら、きちんと歯磨きをしていけば改善していきます。
そのため毎日の歯磨きを見直して、正しいブラッシングを身につけていきたいと思います。
dsfad.jpg



スポンサーサイト



歯周病予防 スケーリングの効果 

スケーリングとは歯の周りについてしまった歯石を取り除くことです。

歯石はプラークと唾液によって作られ、ザラザラとした石のような石灰化物で、細菌が繁殖しています。
歯石の中の細菌はブラッシングなどでは取れないので、スケーリングによって歯石ごと細菌を取る必要があります。
歯石は主に超音波の振動を与えて砕いて取ります。

スケーリングをすることで、歯石によってザラザラしていた歯の表面がツルツルとなり、プラークが付きにくかったり、落とし易い環境になります。

定期的なクリーニングによって、良好なお口のなかを維持していきたいと思います。

乳歯の虫歯ができやすい場所

小児の乳歯の虫歯がよくできる場所は奥歯と奥歯の間です。
乳歯の奥歯と奥歯の間はすき間がなく、歯ブラシでは汚れを落とすことができないので、デンタルフロスが必要です。デンタルフロスをしているときに、引っ掛かりがあるようなら虫歯の可能性があります。
そのような場合は早めに歯科医院で確認することをおすすめします。