FC2ブログ

下関市熊野 医療法人新生会 いしだ歯科

山口県下関市熊野町にある歯医者さん。一般歯科、小児歯科、インプラント、ホワイトニング、口腔外科、予防歯科などの診療を行っております

マウスピースで守る、歯ぎしりによって起こる症状

歯ぎしりの多くは睡眠中、無意識に行われるといわれています。

歯ぎしりが強いと歯や、顎の関節に負担をかけ、歯や顎の違和感が出ることがあります。
マウスピースの作用としては、歯ぎしりから伝わる力を和らげ、直接歯に強い力が加わらないようにするものがあります。

成人の噛む力は60kgに達し、それが毎日1時間近く歯に加わることによって歯が削れたり、あまりに強い力が長期的にかかると歯が揺れ始めることもあります。
場合によっては歯がいたんだ結果、割れてしまうこともあります。
IMG_5904[1]
この力をマウスピースを使うことによって分散し、歯や歯ぐきを守ってくれます。
歯ぎしりでお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。
スポンサーサイト